絶対にフラれない方法

出会い

ストレートだけで勝負するな

絶対にフラれない方法を紹介します。

注意していただきたいのが、絶対にフラれない方法であって、絶対に告白が成功する方法ではないということです。

今、あなたが素敵だなと思う女性はいますか?

そういう女性に告白したくても、「ごめんなさい」と言われるのを避けたいと思いますよね。今回は、その方法を紹介します。

多くの男が告白して失敗するのは、次のパターンです。

男:「好きです、付き合って下さい」
女:「ごめんなさい、あなたとは友達以上にはなれません」

本当に男らしい告白だと思います。ストレートだけで勝負するピッチャーに似ています。実は、これは非常に勿体ないことなのです。カーブやフォークを投げるのは恥ずかしいことではないのです。本当に多くの男がストレートだけで勝負して変化球を投げるのは恥ずかしいこと、男らしくないことだと思っているように感じます。

「勝つ」か「負けるか」、それだけしか考えていないように思います。

でも告白してフラてしまったら、そのあとの関係が台無しになります。フラれてから良い友達になれる男女はそうはいないと思います。残念なことに、多くが関係そのものまで消滅してしまいます。そのため多くの男性が次ののどちらかになってしまっています。

1.告白してフラれて関係が終わってしまうか
2.関係が終わるのを恐れて告白できないまま終わるか

本当に残念なことです。

デートに誘ったり、告白したりするのは、勝つか負けるかの2択だけではありません。第3の方法、つまり、引き分けにして延長して再試合をする、という選択肢も存在します。

結論から言えば、「冗談っぽく誘え」です。「好きです!付き合って下さい!」でもなく、「明日デートしましょう!」でもなく、冗談とも本気とも取れないような誘い方、告白の仕方をしてみて、様子を見て下さい。「ストレートも良いけど、たまに、リラックスしてカーブやフォークを投げて欲しい」と言うことです。

例えば、好きな女性をデートに誘いたいけれども、断られたあとが気まずい…でも好きだから何としてもデートに誘いたいという場合があると思います。この時に、「明日デートしましょう!」、「好きです。映画を見に行きましょう!」などと、ストレートに勝負をするのではなく、「食べ物は何が好き?」と目を見て聞いて下さい。相手の女性の反応ですべてが分かります。

女性はすかさず察知します。食べ物は何が好き?
→じゃあ明日食べに行こうよ!というパターンが来ることくらい予想します。

「この後、誘われるのかな?」ということを直感的に理解するのです。その時に嬉しそうな顔をするのか、嫌そうな顔をするのかで判断すれば良いと思います。

何も直球勝負をして断られて気まずい関係になる必要はありません。

告白する時も、「今、好きな男いるの?」と目を見て聞いて下さい。

「この後、告白される…」と言うことは女性はすぐに理解ができます。その時に、嫌な顔をしたり、好きな人がいるという回答があれば、「好きな人の1人もいない人生なんてつまらないよね。その人はどんな人?」と、堂々と冷静に目が泳がないようにして言って下さい。とりあえずその場は終わります。

告白するタイミング

1度、カーブやフォークを投げてみて、告白OKの見込みがないとしても、またポイントを稼いで、「100%OK」だと確信したときに告白すれば良いと思います。ピッチャーがカーブやフォークを投げても別に反則ではありません。同点で再試合になっても恥ずかしいことではありません。

フラれる男と言うのは、別にその男に魅力がないわけでもなく、純粋に告白するタイミングが間違っているだけです。告白するタイミングは、「女性に惚れさせてから告白しろ」です。焦らないでじっくりじっくり惚れさせてから告白して下さい。女性は逃げません。世界のどこへ行っても悪い関係でなければ連絡は取れます。勝手に期限を決めて、勝手に焦らないでじっくりと素敵な女性との関係を築きましょう。

もし、あなたにとって素敵な女性と出会っていないということであれば、「マッチングアプリ」をご利用ください。

あなたのような素敵な男と近い将来に出会うことを望んでいる素敵な女性がいるはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました